展示

ホーム > 展示 > 企画展

企画展

企画展は、春と秋に、松尾芭蕉や俳諧に関する内容、夏に、大垣ゆかりの先賢に関する内容で開催しています。普段なかなか見ることができない貴重な資料や、作品が一堂に会しますので、企画展開催に合わせて、ぜひご来館ください。

また、企画展開催に合わせて当館学芸員によるギャラリートークや、関連講座を開催していますので、こちらも併せて、ぜひご参加ください。

第33回企画展 令和4年7月16日()〜8月28日(
小原鉄心と大垣 〜激動の時代!!人々はどう生きたか〜

会期 令和4年7月16日()〜 8月28日(
時間 午前9時〜午後5時
場所 大垣市奥の細道むすびの地記念館1階 企画展示室
料金 一般300円、団体150円(18歳未満は無料)

18世紀後半以降、日本の国内外では、社会情勢に変化が生じてきます。

幕府や諸藩が、社会の安定を図るため、寛政の改革や天保の改革などの政治改革に取り組む一方、産業革命や国際貿易の活発化を背景として、欧米諸国の船が、日本周辺に現れるようになります。

社会情勢の変化は、嘉永6年(1853)6月、ペリー来航を契機として一気に加速します。

そして、その影響は、大垣藩が、ペリー来航、禁門の変、幕長戦争、戊辰戦争などに関わることで、武士・町人・百姓などの身分を越えて、広く大垣の人々にも及んでいくこととなります。

第33回企画展では、幕末から明治へ、時代とともに社会が変化していく様子について、大垣藩重臣の小原鉄心や大垣にゆかりの資料を通して紹介します。

第32回企画展

小原鉄心と大垣 〜激動の時代!!人々はどう生きたか〜

トップへ戻る

Copyright (C) The ground Memorial of narrow path end of the Ogaki-shi depths. All Rights Reserved.