展示

ホーム > 展示 > 企画展

企画展

企画展は、春と秋に、松尾芭蕉や俳諧に関する内容、夏に、大垣ゆかりの先賢に関する内容で開催しています。普段なかなか見ることができない貴重な資料や、作品が一堂に会しますので、企画展開催に合わせて、ぜひご来館ください。

また、企画展開催に合わせて当館学芸員によるギャラリートークや、関連講座を開催していますので、こちらも併せて、ぜひご参加ください。

第24回企画展 平成30年9月29日()〜11月11日(
真筆にみる芭蕉と大垣 〜重ねる交遊、深まる心〜

会期 平成30年9月29日()〜平成30年11月11日(
時間 午前9時〜午後5時
場所 大垣市奥の細道むすびの地記念館1階 企画展示室
料金 一般300円、団体150円(18歳未満は無料)

大垣は美濃路と水門川が交差する水陸交通の要衝として
人・経済・文化の交流が盛んでした。そうした背景のもと
俳諧文化が醸成され、江戸以外で早い時期から
芭蕉に心を寄せる俳人が多くあらわれました。

芭蕉にとって大垣は、『野ざらし紀行』の旅で
旅の緊張感から解放された安息の地であり
『奥の細道』の旅でむすびの地となる
かけがえのないまちでした。

芭蕉が大垣の蕉門俳人に宛てた手紙には
細やかな心配りがかいま見られ
一方、大垣の蕉門俳人の活動からは
芭蕉を慕っていたことがわかります。

第24回企画展では
芭蕉と大垣の蕉門俳人との交遊について
芭蕉の発句や書簡、俳書を紹介しながらたどっていきます。

秋風そよぐ奥の細道むすびの地で
芭蕉と大垣の縁を感じてみませんか。

第24回企画展

真筆にみる芭蕉と大垣
〜重ねる交遊、深まる心〜

(こちらからダウンロードできます)

トップへ戻る

Copyright (C) The ground Memorial of narrow path end of the Ogaki-shi depths. All Rights Reserved.